緑風苑のホームページへようこそ

介護老人保健施設とは

介護老人保健設とは

緑風苑は介護保険法上の施設サービスのひとつである『介護老人保健施設』という入所リハビリ施設になります。

画像の説明

高齢、疾病などにより、医療面での体調管理やリハビリが必要な方が、日常介護の他に、医師、看護師による体調管理やリハビリを受け、在宅復帰を目指す、いわゆる病院と家庭とを結ぶ『中間施設』としての役割があります。

どのような人が入所できるの?

基本的に介護保険の1号被保険者である65歳以上の方で、脳卒中後遺症や、認知症、その他様々な病気やケガで介護が必要となった方で、介護保険の要介護度1~5の認定を受けている方が入所の対象になります。

また、40歳~64歳の2号被保険者に関しましては、特定疾病に基づいた要介護認定1~5を受けていれば入所の対象となります。

※ 要支援の方は入所の対象になりません。

入所までのながれ

入所の可否は、相談~申し込み書の提出~訪問での状態確認~入所判定会議を経て決まります。なお、申し込みには、当施設指定の診断書を提出していただきます。

入所期間...退所

介護保険法上での入所期限はありませんが、老健は生涯に渡って入所する場所ではなく、あくまでも在宅復帰を目的としているため、3ヶ月ごとに施設サービス計画(ケアプラン)を作成し、入所継続判定会議(カンファレンス)を行った上で、入所の継続が必要かどうかを判断します。
退所時は、在宅担当のケアマネジャー等と連携し、退所後における生活に不安が無いようにサポートいたします。

短期入所療養介護 -- ショートスティ --

短期入所療養介護(ショートスティ)は、在宅で生活している方が利用できる在宅サービスの一つであり、介護者が家を空ける、介護から離れてリフレッシュしたい等、利用目的は様々ですが、1泊からでもご利用可能ですので、担当のケアマネジャーさんとご相談の上お申し込み下さい。

画像の説明

※ 短期入所サービスは要支援の方もご利用できます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional